応援メッセージ

「陶片がつなぐ平和の物語」

万里の波濤を越え、はるばる日本からオーストリアへ渡った古伊万里たち。

今まさに、永い眠りから目覚めようしています。

 

300年もの歳月、古伊万里たちは何を観て、何を聴き、何を感じたのでしょうか。

 

静かに目をつむると、風の音、波の音が聞こえてきます。

 

江戸初期の風物、肥前の陶工たち、伊万里港のにぎわい、潮の香り、

荒ぶる海と船乗りたち、エキゾチックな寄港地の陽光、満天の星空、

ヨーロッパの街並み、ロースドルフ城の舞踏会・・・。

 

さらに、同じ窯元で産声をあげ、世界へ散らばっていった

古伊万里たち兄弟姉妹のその後・・・。 

 

空想は空想を生み、興味は尽きません。
 

第二次大戦末期、無惨に破壊されたとき、

古伊万里たちは何を感じ、何を思ったのでしょうか。

 

その痛み、恐怖、無念を想うと、胸がつぶれそうになります。

 

一度は死んだはずの古伊万里たち。

城主ピアッティ家の人々によって大切に守られ、永く耐え忍び、

今、こうして私たちの手で甦ろうとしています。
 

古伊万里の陶片と陶片をつなぐ・・・

 

それは、過去を許し、わたしたち人類の心が再び一つになるときです。
 

「オーストリア・ロースドルフ城 古伊万里再生プロジェクト」は、

“平和” を象徴する愛と希望に満ちたプロジェクトです。

 

皆さんお一人お一人の力が、古伊万里たちに新たな命を吹き込みます。

 

いまにも古伊万里たちの歓喜の歌声が聴こえてきそうです。
 

親善大使 平井元喜(ピアニスト・作曲家)

 

www.motoki-hirai.com

© 2019 by 一般社団法人 古伊万里再生プロジェクト ROIP Japan Association, Inc.

  • ROIP Facebook
  • ROIP Twitter